四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

Vol.126 河野太郎外相の近未来を予想する/四柱推命学のホントのところ

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

外相の仕事が評価され、次期総理の呼び声が高まる

外務大臣としての仕事の評価が高まり、次期総理の声も上がり始めています。では、推命の視点から河野総理はあり得るのかを見ることにします。

生年月日/1963年1月10日出生時間不明 性別/男 年齢/55歳
大運交替/約8歳7カ月13日 交替年月/辛年申月

  壬  寅(甲)     大運   癸丑
  癸  丑(癸)*       8  甲寅
  癸  丑(癸)        18 乙卯 18歳渡米 23歳帰国
  丙  辰(乙)        28 丙辰(乙) 32歳(戊) 33歳衆議院当選
                 38 丁巳
                 48 戊午(丙) 50歳(丁) 52歳初入閣 54歳外務大臣
                 58 己未(丁) 62歳(己)
                 68 庚申
                 78 辛酉

出生時間が不明なので推定する必要があります。過去の経歴と現状からしますと、丙辰(乙)ではないかと思われます。時干支が丙辰(乙)になるのは、出生時間が午前7時から7時48分までの間に限定されます。

この出生時間ですと日干は強となりますが、現行の戊午の大運では日干は弱に転じます。

また、38歳からの丁巳の大運は、総裁選に立候補したこともありますが、政治家として成すことなき時期であったことも生時類推の参考にしています。つまり、丁巳の大運では「通変の調和」が成立しないような時干支であろうと考えたのです。

総理になる人物には「通変の完全調和」が望まれる

さて今後ですが、現在54歳で、57歳くらいまで現状の継続が予想されますが、そのあと大運は己未(丁)となり、「五行の調和」に近づきます。つまり、政治家として多忙を極めるような要職に就いていないであろうと予想されるのです。

もともと敵が多い人物のようですので、安倍政権が終わった後には、一議員に戻ることになると予想されます。ですから、次期総理はあり得ない話、と言えるのです。

「通変の調和」の視点においても、財と官殺の「通変の調和」のみですから、日本のトップに立つには力量不足と言えます。かといって、安倍総理の後に、他に誰が総理にふさわしいかと問われますと、今のところ推命の視点からも適任が見つからないでいます。


◆【新刊】★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』


詳しくは、『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本』(電子書籍あり)new
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』(電子書籍あり)
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」(電子書籍あり)
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/「基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本」 準拠。『干支一二〇年暦』1918年 <大正7> ~2037年 <平成49>
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2018・2・11

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す