四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

ウソと承知しつつ捏造を続ける朝日新聞記者の心理

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

一流大学出身の記者がなぜ愚かな行動を取るのか

朝日新聞の記事内容の捏造は今日に始まったことではなく、戦後延々と続いてきたことです。このコラムでは、その問題を追及するのではなく、一流大学出身の朝日新聞記者が、なぜそうした悪行に手を貸すことになったのかの心理を、四柱推命の観点から、ちょっとだけ紐解ければと思います。

考えられる二つの理由

こうした事象が発生する原因として、二つの理由が考えられます。

ひとつ目は、五常の火の作用によるものです。火の作用は、演繹的思考であり、論理的思考の一翼をなすことになります。しかし、火の作用だけで、金の作用と水の作用が希薄ですと、四柱八字中にある火の作用がもたらす事象には、どうしても偏りが発生します。

どのように偏るかと言いますと、教条主義に陥りやすくなります。教条主義とは「状況や現実を無視して、ある特定の原理・原則に固執する応用のきかない考え方や態度」という意味です。

ひとたび正しいと信じたことを貫き通すことになり、一度身につけた知識や経験を変更できなくなり、パターン化に陥るのです。

朝日新聞批判の記事をかなり読みましたが、記者たちはみな頭がいいのでしょうが、教条主義に陥っているのではないかと感じたのです。

もう一つは、やはり社会的地位、そして経済的な問題に対する打算でしょう。これは通変の官殺と財に関わる事象です。

マスコミ関係は高給取りですから、平均以上の生活をしていることと思います。そうした生活レベルを維持し続けるためには、上司に従い、会社の方針に従属し続ける必要があります。たとえそれが不本意であったとしても。

しかし、新聞記者は一応ジャーナリストですから、これでは失格ではないかと思いますが、朝日新聞などのメディアで働いている人には、こうした打算が当然働いていることでしょう。

ですから、一般の企業とは異なる形で、マスコミ従事者は仕事に接しなければならないと思うのですが、すべて一様にサラリーマン化していることが一つの問題なのかも知れません。

以上は、いまのところ思い付いた、四柱推命からの分析です。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本』(電子書籍あり)new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』(電子書籍あり)
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」(電子書籍あり)
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/「基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本」 準拠。『干支一二〇年暦』1918年 <大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2014・10・14

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す