四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

物質的な幸福感と生理的な幸福感

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

幸福感は財と印の事象

通変の財と印は、楽しいと感じる事象、逆に苦しいと感じる事象の両方に関連します。五行が調和するなら、財も印も良好な作用を発揮しますから、いずれも楽しいと感じます。逆に、財が多すぎる場合、財が欲しいのにない場合、印が多すぎる場合、印が欲しいのにない場合に苦しさになり、大運により事象が発生します。

しかし、財と印では、楽しさ、苦しさの質が違います。

まず、財から説明します。財は、その名称の通り、物質的、金銭的な満足感に関わります。欲しいものを手に入れることができ、趣味や習い事、また旅行などにお金を使うことができる環境にあれば、幸福感を味わうことができます。これが通変の財の事象です。

印は、生理的、肉体的な欲求、その人独自の嗜好、好みが満たされることによる幸福感に関わります。そして、財によりもたらされる幸福感は他人と共有可能なのですが、生理的、肉体的な欲求は人それぞれであるため、他人と共有できない価値観が伴うことがあります。

成長期の母親の役割

人との付き合いにおいて諍いが発生しても、物質的、金銭的な方法で解決できるのなら、ある意味、楽な面がありますが、生理的に合わないのは解決のしようがありません。印が強い人は、人の好き嫌いが激しく、肌に合わない相手と感じたなら、顔も見たくないといったことにもなり、手の施しようがないのです。これは対人関係だけではなく、職業の選択にも影響が及びます。

ちなみに、印は母親との関連を見る視点でもあります。ですから、母親が過剰に子に関わりますと、気むずかしい子になってしまうことになるのです。母親の役割は重大です。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本』(電子書籍あり)new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』(電子書籍あり)
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」(電子書籍あり)
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/「基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本」 準拠。『干支一二〇年暦』1918年 <大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2014・4・29

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す