四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

Vol.107 申し訳ないほど簡明な、四柱推命の新視点/四柱推命学のホントのところ

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

難解が売り?だった四柱推命

私が四柱推命を学び始めた頃、三十数年前ですが、四柱推命には常に「運命学の帝王であるが、難解」という枕詞(まくらことば)がついていました。確かに、本格的に四柱推命を学び始め、「確かにその通り」と思ったものです。

それから20年ほど経って、四柱推命全体が見渡せるようになった時、「難解であるのは、方法論的ななんらかの原因があるはず」「なにか簡明であり、かつ正確性を高める方法があるのでは」と思い始めていました。

さらに10数年がたち、この問題の解決法らしきものが思い浮かび、それらをすべて体系的にまとめることができたのが、数年前。そして『サクサクわかる 四柱推命の本』で初めて公表することになりました。

さて、古来より『滴天髓』などでは「日干の強弱」がわからないことには、事象を論じることができないとされています。この「日干の強弱」、広義な解釈をするなら四柱八字中の各干の強弱を把握することは、かなり難しいのです。

これが四柱推命を難解にさせている原因の一つであるのです。

簡単・簡明であり、かつ正確!

『サクサクわかる 四柱推命の本』では、干の強弱に関わらない事象の見方を提言しています。しかも、この見方は、五行だけなく、通変にも通用するのです。

「干の強弱に関わらない事象の見方」とは何かですが、極端な言い方をしますと、四柱八字を出し、蔵干を明らかにしたなら、その段階で事象を判断することができるのです。しかも正確で紛れのない事象がわかるのです。

すでに東京、大阪、名古屋で2004年から講義を行なっていますが、ここ2年ほどの講義では、十干の説明が終わった段階で、事象の見方に触れることもできるようになっています。だいたい第2回の講義となります。私の講義に2回通っただけで、少しだけではありますが、役に立つレベルの事象の見方を習得できるのです。

現在、東京と大阪で開講していますが、東京は11月から新たな講義を始める予定で、受講者を募集しています。時間のとれる方は、是非ともご出席をご勘案ください。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本』(電子書籍あり)new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』(電子書籍あり)
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」(電子書籍あり)
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/「基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本」 準拠。『干支一二〇年暦』1918年 <大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2015・8・17

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す