四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

辛党は辛さに鈍い!?~味の好みは病気の原因

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『サクサクわかる四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

四柱推命と漢方の考え方は類似している

四柱推命と同じように漢方も陰陽五行論にもとづき、病理を考察する仕組みになっています。ですから、四柱推命で病気を考える際、漢方と共通する部分があります。

ここでは辛党を取り上げます。辛党の辛いとは、唐辛子のような刺激物を好むことを指します。広義に解釈するならアルコール度数の高い酒も含まれます。

辛党で、日常的に辛いものを多食しますと、生活習慣病のような形で病気の原因になると考えられます。

辛さは五行では金(kin)です。金に属する身体部位は、腸、咽喉、肺などです。金から剋される木の身体部位は、神経系、肝臓などです。

個人差がありますので、どこにどのような負担がかかるかの断定は難しいのですが、辛党の人は以上のような身体部位に、負担をかけていることになり、それが病気の原因になることがあるのです。

よく見かけるのが、アルコール度数の高い酒を好んで飲む人が、喉頭ガン、咽喉ガンになることです。芸能人によくあります。酒はまた肝臓にも悪影響を与えます。

だいぶ前のことですが、街の中華料理屋で食事をしていた時のことです。近くにいた人が、ラーメンにラー油を山ほど入れているのを見かけたことがあります。普通なら辛くて食べられないレベルです。それを見て思ったのは、辛いもの好きは、生まれつき辛さに鈍いのではないかと。

四柱八字において、金の作用が強すぎたり、弱すぎたりして、不良である場合、辛党になり、その金の不良な作用が病気の原因になるものと考えられるのです。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本 準拠『干支一二〇年暦』1918年<大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2014・9・3

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す