四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

五行の火と金がもたらす合理精神の裏と表

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『サクサクわかる四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

論理的な思考という能力が備わる条件

仁義礼智信といわれる五常の作用について、拙著では独自の解釈を行なっています。その基本的な部分は、古来より、例えば「仁」については、慈しみの心があるという、いいことしかいわれてこなかった部分を、善悪両面に解釈し直すことにあります。

さて、五行の火は、「礼」といわれ、金は「義」といわれてきました。この点については、推命関係の書籍のみではなく、『淮南子』『五行大義』『書經』などの古典にも見ることができます。

この「火」と「金」を、「演繹的思考」「帰納的思考」と理解することにより、実証的に大きく幅が拡がり、かつ実証性も高まっています。

日干とその周りに「火」と「金」が同時にありますと、論理的な思考という能力が備わることになります。自ずと数学や物理が得意科目になるような事象が発現します。論理的とまで行かなくとも「理屈っぽい」「数字に強い」といった事象につながることにもなります。

さて、能力が備わると表現しますと、いいことばかりのように聞こえますが、やはり、いい面と悪い面の両面が伴います。

合理精神の行き過ぎがもたらす害悪

四柱八字中に「火」と「金」が多く見られますと、ものの考え方が合理的になります。そのため、信仰心とか、天地自然に対する畏れの気持ちを失いがちになることもあります。

明らかに非科学的な神秘主義を否定することは悪いことではないのですが、世の中の出来事はすべて合理的に割り切れるものではないということも真理です。ですから、合理主義を徹底しすぎますと、これもまた現実社会や自然の摂理を理解する妨げになるのではないかと考えています。

ですから、四柱八字において、火金と水木がほどよく混じり合うのが理想と言えるのですが、なかなかそうはうまくいきません。自身の四柱八字を出し、五常の偏りを認識し、あらゆる場面で思考の修正することができるなら、古来よりいわれている仁義礼智信の五常が、古書にいわれているような形で、バランスよく体現されるのではないかと思います。

その時こそ、四柱推命が役に立っているのです。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本 準拠『干支一二〇年暦』1918年<大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2014・9・16

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す