四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

Vol.118 中野信子著『サイコパス』から/四柱推命学のホントのところ

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

身の回りにもサイコパスがいる!

サイコパスという用語は知っていましたが、残虐非道な事をなす犯罪者限定かと思っていました。ところが、サイコパスは100人に1人くらいいて、身近なところにもいるというのです。そしてサイコパスには勝ち組、負け組があって、勝ち組には社会的に成功している著名人もいるということなのです。負け組は、犯罪者です。

サイコパスの特徴は、
  「情緒性に欠けること」
「弁舌さわやかで、プレゼンテーションなどで人を魅了する能力がある」
「自身のプラスにならない人間は切って捨てる、あるいは叩きつぶしにゆく」」
「過去の発言と矛盾していても、平然と意見を述べることができる」

ということになるようです。

さて、この特徴を推命の視点に置き換えますと、次のようになります。
  「五行の火と金があって、水木がほぼない」→情緒性に欠ける
「食傷がある。特に食傷は陽干が日干に隣接している」→攻撃性
「財が日干に隣接する」→平然として嘘を言える

となります。

著名人のサイコパス

中野信子著『サイコパス』には、スティーブ・ジョブズはサイコパスではないかといわれています。

1955年2月24日19時15分 大運交替/約6歳8カ月2日 交替年月/辛年戌月

  乙 未(丁)   大運  戊寅
  戊 寅(甲)      6 丁丑
  丙 辰(戊)      16 丙子
  丁 酉(辛)      26 乙亥
              36 甲戌
              46 癸酉

上記の四柱八字は、スティーブ・ジョブズです。出生時間はアストロデータによります。
日干丙火で時の蔵干に金があり、水も木も日干周りにはありません。
食傷の陽干戊土が2つも日干に隣接しています。
財の辛金が日干に隣接しています。
つまり、スティーブ・ジョブズは、サイコパスの条件をすべて満たしているのです。

ジョブズの死後、伝記が出ていますが、アップル社内では仕事とはいえ、とてつもなく無慈悲な行動をしていたようです。そのプレゼンテーション能力は抜群。これも本になりました。
このように企業のトップにサイコパスが君臨する場合もあるのです。

なお中野信子著『サイコパス』には、サイコパスは遺伝か環境か、という問題が採り上げられ、9割は遺伝ではないかといわれています。つまり、1割の後天的な環境からの影響もあるというのです。しかし、ジョブズの例だけではなく、いくつものサイコパスの実例がありますので、推命の立場からいいますと、「サイコパスは100%遺伝」という結論になります。


◆【新刊】★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』


詳しくは、『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本』(電子書籍あり)new
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』(電子書籍あり)
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」(電子書籍あり)
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/「基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本」 準拠。『干支一二〇年暦』1918年 <大正7> ~2037年 <平成49>
※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2017・8・27

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す