四柱推命「学」のホントのところ

『サクサクわかる 四柱推命の本』が従来の推命とどう異なるのか

『滴天髄』の上下・左右の概念の拡張

 推命の名著『滴天髄』に「上下・左右」という記述を見ることができます。次にその読み下しを掲げます。

《上下が情(まこと)に協(かな)うは貴(とうと)し。》
《左右が同(とも)に志(こころざ)すは貴(とうと)し。》

 上の二つの読み下し中にある「協(かな)うは貴(とうと)し」と「志(こころざ)すは貴(とうと)し」は、いずれも結果は良好であるという意味合いが伴いますが、四柱八字のあり方により、必ずしも良好なことばかりであるとは限らないことを了解した上で、理解すべき内容です。それはさておき、『滴天髄』のこの原文は、日干を中心に据え、その上下と左右にある干を見る視点が重要であることを明らかにしているのです。

『滴天髄』の内容を図にしますと、左のようになります。

日干を中心として、「上下」は日の蔵干、「左右」は、月干と時干。つまり、日干にもっとも密接な関係にある3つの干を上下・左右と言っているのです。

極論を言いますと、四柱八字を見る際、この上下・左右の3つの干が何であるかが、最重要な視点ともなるのです。





さて、この『滴天髄』の視点を長らく活用する間、問題点も浮かび上がってくるのです。そこで問題点が確認できる四柱八字を検証する中、次のような拡張した「上下・左右」の見方にたどり着くことになりました。それは、「上下・左右」の干に比劫がある場合です。

左の八字では時干に比劫があります。『滴天髄』の「上下・左右」の見方によれば、月干の印、日の蔵干の官殺、そして時干の比劫が密接な関係にあると見ることになるのですが、日干と時干の比劫は一体化していて、時の蔵干の財も、日干に隣接しているのと同等であると見ることになります。








左の八字では日の蔵干に比劫があります。『滴天髄』の「上下・左右」の見方によれば、月干の印、日の蔵干の比劫、そして時干の食傷が密接な関係にあると見ることになるのですが、日干と日の蔵干の比劫は一体化していて、時の蔵干の財も、日干に隣接しているのと同等であると見ることになります。







この拡張した見方を採用することにより、事象の正確さの精度は間違いなく向上しました。

これが『滴天髄』の上下・左右の概念を拡張した考え方です。

なお、月干に比劫があっても、一体化による拡張した見方はできないと考えています。



★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本 準拠『干支一二〇年暦』1918年<大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since2013/02/02 lastupdaded 2014/4/29

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す