四柱推命「学」のホントのところ

『サクサクわかる 四柱推命の本』が従来の推命とどう異なるのか

比肩・劫財に具体的な事象は何もない

 比劫は日干と同一五行であり、同じ親をもつ兄弟姉妹を見る視点となることから、比劫があることによりもたらされる事象は、古来より兄弟姉妹が多くいて、その中で身につける性格的特性に一致するものが、おもなものであると考えられてきました。例えば、

  • 競争心や負けず嫌いの気持ち
  • 人を押しのけるような強さ
  • 独立心
  • 自我・自己意識

などです。ところが多くの実証を見、よくよく考えてみますと、上にあげた最初の二つは、比劫と通変の財との相互作用により引き起こされる事象で、比劫単独の事象ではありません。三つ目の「独立心」も比劫の事象ではありません。別の視点から説明できます。

 そして、唯一最後の「自我・自己意識」のみが、比劫の純粹の事象と考えられることになります。

 では「自我・自己意識」によりもたらされる事象とは一体何なのか。

 精神分析学者ジクムント・フロイトが「自我はそれ自体、意識されない」と発言したそうですが、まさに比劫の事象とはそういうものと考えられます。比劫は具体的な形や状態がある事象には直結しないのです。「形のない、意識されない」ものが比劫の事象なのです。

 しかし、比劫が何も事象に関わらないということではありません。比劫には固有の事象はないのですが、残りの四つの通変との相互作用により、具体的な事象を発現することになるのです。

 この点については、次に発刊する予定の拙著で詳しく説明しようと思っています。



★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/基礎から最高峰を目指す 四柱推命の本 準拠『干支一二〇年暦』1918年<大正7>~2037年<平成49>
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since2010/10/24 lastupdaded 2014/4/29

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す